フレンディーホームBLOG

フレンディーホーム株式会社

  • TOP
  • >
  • 注文住宅のご紹介

注文住宅のご紹介

フレンディーホームの注文住宅のメリット

フレンディーホームでは木造外断熱鉄筋コンクリート内外断熱など、特許技術により大幅コストダウンした高性能な注文住宅を提供しております。
これからの建物は堅牢な上に更に断熱性能、快適性能、省エネ性能、どなたでも建てられる価格などが問われますが、これらの全ての問題を見事に解決を致しましたのがフレンディーホームRC外・両面断熱工法です。
ここでは主にその外断熱についてメリットをご説明致します。

外断熱のメリット

外断熱のメリット

外断熱とは?

住いの断熱は、従来からの施工方法の柱の内側に断熱する内断熱工法と、柱の外側に断熱する外断熱工法があります。
外断熱には内断熱にはない高機能な特徴があります。

  • 断熱性が非常に高い
  • 完全な気密がとれる
  • 防水性がある
  • 丈夫
  • 建物の内側に通気層がとれる
  • 熟橋がない
  • 建物を外側から守る

建物の外側に断熱層があることで建物内の温度変化が少なく、エネルギーの蓄熱層ができます。
この畜熟層が四季を通して快適な温度を提供してくれます。

1年を通して全館春のような快適さを実現

外断熱工法では、屋根・外壁・基礎の外側をスッポリと、まるで魔法瓶のように断熱

特に夏の直射日光で暑さが頂点に達するほど熟せられる屋根は、断熱材AFボードで遮熱(熱戦を90%以上反射)・断熱(熱伝導率0.02kcaI/mh℃ )し、窓はLow-Eガラスで直射日光を普通ガラスの1/5まで反射します。
更に、外壁側通気層で熱を、室内側通気層で24時間計画換気で湿気も排出することにより、夏の冷房効果を最大限に高め、1日中快適に過ごせます。

外断熱工法の建物は床下が室内と同一環境

冬は1階全室床暖房にすることで床下全体を暖め、下から上へ上昇する暖気の性質を利用して蓄熱しながら新鮮な空気と共に室内をくまなく空調。外は0℃でも、室内は全館早朝より18℃~21℃。朝の目覚めがまるで違います。

光熱費は従来の1/5以下

5つの要素により、1年中光熱費は限りなく0円に!従来よりもはるかに光熱費を抑えられるようになります。

光熱費削減 5つのポイント
  • 次世代省エネ基準をはるかに凌ぐ省エネ性能
  • 大気熱利用のヒートポンプ機能
  • 太陽光発電システム
  • フレンディーソーラーシステムの蓄熱効果を利用した割安電気料金の深夜電力の採用
  • オール電化住宅による電気料金の割引

健康住宅で人にやさしい

室内環境を大気汚染や細菌から守って健康快適に

外断熱住宅は住まいの大敵である湿気や結露が防げますので、アトピーやアレルギーの原因とされるカビやダニの発生がありません。
住居内の温度差が非常に少なく、ヒートショックの被害を防ぐことができるため、お年寄りやお体の弱い方に優しく、四季をやわらかく暮らせるとともに、光触媒二酸化チタンの作用により、室内環境を大気汚染や細菌からも守ります。


RC外断熱工法について

RC外断熱の家 イメージ図

RC外断熱工法

建物をスッポリ断熱材で覆うRC外断熱

外断熱工法は、欧米では早くからコンクリート造の建物の標準的な断熱工法として使用され、ドイツや北欧を中心に広く認められた工法です。
その外断熱工法を採用した構造の場合、躯体を外側から断熱材ですっぽり覆うことになるので、躯体は室内と同調し、先にあげたようなメリットが実現します。

200年住宅が実現

弊社の特徴は型枠を断熱材で製作し、型枠そのものを躯体の一部として内外装の下地材として利用しています。
その結果としてコンクリート躯体は風雨に曝されず断熱材で外気温に左右されず、一定の地熱を利用することができ、長期間(200年)の耐用年数を実現しました。

  • RC外断熱工法
    外部側断熱型枠と鉄筋組み立ての状況
  • RC外断熱工法
    外壁側型枠組立状況
  • RC外断熱工法
    内壁側型枠組立状況

RC外断熱工法の構造と特徴

従来の鉄筋コンクリート構造は型枠を製作した後に生コンクリートを流し込み、硬化後型枠を除去するという方法をとっていました。
しかしそれではコンクリート躯体は常に外気に曝されることになります。
結果、耐久性は短くなり、室内も快適なものとは言えませんでした。
ここではその構造を見直し、弊社で採用している快適で安価な特許工法、RC外断熱工法の構造と特徴をご説明致します。

RC外断熱工法の構造と特徴


施工実績はコチラ   お問い合わせはコチラ
PAGETOP